歯科インプラント(人工歯根)治療

歯周病や歯の損傷などが原因で抜歯をした場合、抜歯部分に空間ができます。その結果、抜歯部分に限局性骨量減少の症状が表れます。(歯がない=骨は不必要と体は判断)

この過程は早く、たいていの場合、抜歯を行ってから5年以内に起こります。歯肉の上部分に著しい収縮が見える場合もあります。

歯科インプラント治療とは、人工歯やブリッジを支えるため、歯科医によって抜歯部分へ人工歯根を埋め込む治療のことをいいます。研究によると、一度歯科インプラントを抜歯部分に埋め込むと、上で述べた限局性骨量減少を予防できます。

インプラント治療は、歯周病、歯の損傷、またはその他の理由で歯を失い、一般的に健康的な口腔衛生を保たれている方にとっては、この治療法が理想的でしょう。見た目も自然で気にならず、自分の歯と同じような感覚でものを食べることが出来ます。

歯科医による正確な埋め込み、患者さんの入念なお手入れなど適切なケアのもと、インプラントは半永久的に持ちます。歯科インプラントは、歯肉組織と下部骨と密接につながっています。

» 特殊歯科治 療に戻る

その他の当クリニックの治療、診療については、»デンタルクリニック ワールドタワー にご連絡下さい。質問、予約の日取りのご相談お伺いします。