クラウン(被せ物)

昔の歯科技術では中身が金属で、外がセラミックでできているクラウンしかオプションがありませんでした。

しかし最近の歯科学会のリサーチで、そのクラウンの中に入っている金属が錆びてアレルギーを引き起こしたり、健康を損害する恐れがあることが解ってきています。

現在では、ポーセリンクラウンやジルコニアという体に優しい素材を使用し、美しく、自然な見た目のクラウンを作る事ができます。

中身が金属でできているクラウン オールセラミックポーセリンクラウン
 
中身が金属でできているクラウンのまわりの歯茎が黒ずんでいる

金属クラウンのまわりの歯茎にできている黒ずみや、歯茎のラインの問題(クラウンの中の金属が錆びている事により起こる)は、オールセラミックポーセリンクラウンに取り替える事によって解決する事ができます。

ジルコニアクラウン–金属が中に入っていないことが確認できる
 
メタルクラウン
オールセラミッククラウンに取り替えた後

ジルコニアクラウンの中でも、当院ではLava™ジルコニアクラウンを使用しております。 このジルコニアクラウンは3M ESPEによって製造されたものを、シドニーのトップ技工士によって、患者さまに適応するよう3Dマシーンを使って形を整えます。 全てのLava™ジルコニアクラウンは5年の保障が付いてきます。

当院、デンタルクリニックワールドタワーでは、誇りを持って患者さまにスマイルを提供できるようにオールセラミッククラウンを取り扱っております。

» 特殊歯科治療に戻る

その他の当クリニックの治療、診療については、デンタルクリニック ワールドタワー にご連絡下さい。質問、予約の日取りのご相談お伺いします。