コンポジットレジン治療

コンポジットレジンは、昔の銀歯などの代わりに用いられる詰め物です。 良くあるケースでは、レーザーで虫歯除去を行い、穴を綺麗にした後、すぐにコンポジットレジンの詰め物を入れるという事です。

コンポジットレジンとは、天然の歯と類似している歯科用プラスチックで、ある程度の強度もあり、とても自然なスマイルを手に入れる事ができます。 さらに、この治療はさまざまな歯科保険に適用されるので、とてもリーズナブルに歯科治療が行えます。

しかしながら、銀歯などと比べるとその分寿命が短く、詰め物を入れた所に二次虫歯ができやすいというデメリットがあります。 特に虫歯のサイズが大きかったり、隣に接続した虫歯がある時などに起こりやすい症状です。

コンポジットレジンの詰め物 (新しい詰め物と、詰めた5年後のもの) – 5年後の詰め物の色が変色しており、詰め物の下に二次虫歯ができている恐れがある

虫歯についての詳細はここをクリックして下さい

»診療内容に戻る

その他の当クリニックの治療、診療については、デンタルクリニック ワールドタワー にご連絡下さい。質問、予約の日取りのご相談お伺いします。