従来からのラミネートベニア

「ラミネートベニア」とは、歯の見た目改善、損傷した歯の表面保護のため、歯の表面に貼り付けるセラミック薄片のことをいいます。

ラミネートベニアで使われる素材は、コンポジットレジンベニア(Composite Resin Veneer)とポーセリンラミネートベニア(Porcelain Laminate veneer)の2種類に分けられます。コンポジットレジンベニアは、たいていの場合抜歯を行わず、歯の表面に直接装着されます。ポーセリンラミネートベニアは歯に前処理を施し、その歯型を元に技工室で作られた薄片を、後ほど歯の表面に貼り付けます。

コンポジットレジンベニア

メリット:

  • 歯の表面を削る必要がありません。
  • ポーセリンラミネートベニアに比べ費用が安い。
  • 万が一歯が欠けた場合でも容易に修復可能。

デメリット:

  • ポーセリンラミネートベニアに比べ、自然な見た目が再現しにくい。
  • 時の経過とともに変色する。

ポーセリンラミネートベニア(PLV)

メリット:

  • コンポジットレジンベニアに比べ、格段に自然な色合いを再現。
  • 着色しにくい。
  • 10年間程は劣化しない。

デメリット:

  • • 歯の表面を0.5mmほど削る必要がある。.

» 審美治療に戻る

その他の当クリニックの治療、診療については、デンタルクリニック ワールドタワー にご連絡下さい。質問、予約の日取りのご相談お伺いします。