ホワイトニング

当クリニックでは、歯科で行うオフィスホワイトニング「ズーム!」によって、2004~2008年の間に300人以上の患者さんを施術しました。

その後、「ブライトスマイル」というオフィスホワイトニング法を使い出した結果、「ズーム!」オフィスホワイトニング法と比較しても、ホワイトニング効果が30%も効果的なことが発見されました。 そのため、当クリニックでは「ブライトスマイル」オフィスホワイトニング法を導入し、患者さんからもより一層ご満足いただいております。

1,400万人以上の患者様よりご満足いただいております。
白く透明な歯による美しい笑顔のご提供には、10年以上の実績があります!

しかしながら、効果の弱いとされる「ズーム!」ホワイトニング法に固執している歯科医は案外多いものです。 それは「ズーム」ホワイトニング法の施術機器は価格が安く、歯科医にとってはコスト節減に役立つのが主な理由です。

ブライトスマイルによるホワイトニング治療の流れ

施術方法は?

「ブライトスマイル」によるホワイトニング法は、患者さんの歯と歯茎の健康度を検査することから始めます。 適度な濃度のホワイトニングジェル剤を歯に塗布します。 ブライトスマイル特別の青い光線を歯に照射し、ジェル剤の活性化を促します。 お待ちいただく間は、TVを観たり、音楽を聴いたり、うたた寝されても構いません。

ジェル剤の塗布は、一般的には20分間づつを3回行います。

ホワイトニング効果を維持するために

ホワイトニング効果が持続する期間は、患者さんによって異なります。 喫煙や、コーヒー・紅茶・濃い色のジュースの過剰摂取、そして歯科医や歯科衛生士による検診と歯のクリーニングを定期的に受けないこと等は、患者さんの歯のホワイトニング効果の持続期間に影響を与えます。

ホワイトニング治療が行えない場合があります

授乳中または妊娠中、歯列矯正治療中、広範囲に渡る歯科治療の最中(例えばラミネートベニヤ治療、かぶせ物、ブリッジ治療)の方は、「ブライトスマイル」のホワイトニングをお勧めしません。 上記事項については、歯科医による初回カウンセリングにてよく調べさせていただきます。

全てのホワイトニング製品に共通して言えることはホワイトニング効果は天然歯にのみ効果が発揮されるということです。 そのため、もし前歯にクラウンや、コンポジットレジンの詰め物がある場合は、その部分の色は変色せず、天然の歯だけ白くなります。 そのため当院では、先にホワイトニングを行なってから、1-2週間後に詰め物やクラウンを取り替えることをお勧めいたしております。

» 審美治療に戻る

その他の当クリニックの治療、診療については、デンタルクリニック ワールドタワー にご連絡下さい。質問、予約の日取りのご相談お伺いします。