ルミニアーズ(前処理不要・最先端技術)

当クリニックは、最新のポーセリンラミネートベニア治療法「ルミニアーズ」の認定医療機関です。

–  Lumineers(ルミニアーズ) : は最も耐久性や強度に優れたラミネート素材です。

Lumineers ® は、歯の表面に極薄のポーセレンの膜を貼り付けるだけで、麻酔は不要です。

最先端の審美歯科学は、歯の表面に極薄のポーセリンの膜を貼り付ける方法を言います。 通常は、処置前、後の際に麻酔注射をする必要がありません。 これは、歯科学の技術革新により可能になりました。Cerinate研究所製のルミニアーズは、半永久的に変色した歯・欠けた歯や、並びの悪い歯など様々な状態の歯に対する美容的解決法を提供します。古くなったクラウンやブリッジを再生するために用いることも出来ます。 ルミニアーズはポーセリンラミネートベニアであり、コンタクトレンズほどの薄さで、天然歯の表面に貼り付けられます。 たいていの場合は、歯構造を変える必要がありません。

この審美治療のメリット

ほとんどの場合、ルミニアーズは天然歯を削る必要がないため、麻酔注射は不要で、もし必要だとしても最低限の注射のみで済みます。

ラミネート素材は、天然歯の表面のエナメル質全体に完全に接着されるため強度に優れています。臨床的にも、少なくとも20年間の耐久性があることが認められています。

ルミニアーズはその製造が独占所有権で守られており、認定を受けた歯科技工士のみが取扱いを認められています。 従って、技術的に未熟な歯科技工士によって安価に製造された商品を、歯科医が使用することは出来ないのです。 ポーセリン素材を天然歯の表面のエナメル質に貼り付けるための接着剤は、歯科業界でも最も強靭なものです。 ルミニアーズは一旦歯に接着されると、その強固で耐久性の高いことで注目されています。

ルミニアーズを使用する際の前提条件

ルミニアーズを装着する歯と、その周辺の歯肉が健康な状態であること。 歯に虫歯があってはならないこと。 歯の詰め物がある箇所にラミネートベニア治療をする場合は、良い状態であること。 何度もコンポジットによる治療を受けた歯は、ラミネートベニア治療をするよりも、ポーセリンセラミッククラウンを被せるのが最善の治療法です。 クラウンは歯の表面全体をおおうので、それ以上の虫歯を防いでくれます。

» 審美治療に戻る

その他の当クリニックの治療、診療については、デンタルクリニック ワールドタワー にご連絡下さい。質問、予約の日取りのご相談お伺いします。