歯科知識

クラウン治療(かぶせ物)

  歯に亀裂が入っていたり、むし歯が大きく歯が砕けてしまったり、神経の治療をした後には、歯の表面をクラウンなどで被せて歯への損傷を防ぐことが重要です。 クラウンの種類には、古くから使用されてきたゴールド・クラウン (Full gold crown), オーストラリア歯科で最もよく使用されているPFMクラウン(金属焼付ポーセリンクラウン)-合金のクラウンの上に歯色のポーセリンを接合したタイプ。 耐久性に優れ金属が全く含まれておらず自然な色合いが人気を博しているセラミック・クラウンなどがあります。 穴を埋める部分が大きいからと、クラウンを被せてしまう歯科が多い中で、当医院では表面全体にクラウンを被せるよりは、部分的な穴の修復には耐久性に優れたポーセリンセラミックの使用を薦めています。 これはクラウン治療を行う場合、クラウンを被せるため歯を削ることになると、エナメル質への損傷が伴いますが、ポーセリンセラミック治療での場合不必要に歯を削ることなく、またクラウンを被せたのと同等な効果があるためです。 しかし、クラウンを被せるか、ポーセリンセラミックでの修復が適しているかは歯科医が歯の状態を点検した後に判断します。   ジルコニア ジルコニアとは白い金属とも呼ばれるほど強度の高い素材です。ジルコニアは強度が高いだけではなく汚れや色、そして細菌が付着しづらいといった性質もあります。   セラミック セラミックはお皿などにも使われる陶器と同じ素材です。セラミックは表面がつるつるとしているため、汚れや色が付きづらく永くきれいな状態を保つことができます。   金属(ゴールド) 金合金や白金加金などの科学的に安定した貴金属を歯科修復材としたクラウンです。 しなやか(軟らかい)な金属で歯との適合性も高いのが特徴です。   銀歯(日本保険適用)当院では行っておりません 一般的に銀歯と呼ばれているものがメタルクラウンです。 銀歯は日本では保険適用のため、費用の負担は少なくなります。   患者様のお口や歯の状況によってはご選択いただけないものもございます。当院では患者様のご希望を尊重しておりますので、ご不明点やご心配事ありましたらお気軽にご相談ください。   治療からクラウン装着までの一般的な流れ はじめて治療する歯の場合 虫歯を取り除くため歯を削って治療をします。必要に応じて麻酔を行い、痛みを抑えて治療をいたします。 すでに治療している歯の場合(銀歯などが入っている場合) 銀歯など治療済みの歯の場合は、まずは銀歯を外して、内側で虫歯が進行していないかどうかを検査します。 虫歯が進行している場合は、虫歯の治療をすすめていきます。 1:歯の形成 修復物がしっかりとお口の中で機能するクラウン製作のため、歯の形を形成していきます。歯の形の形成をする際には必要に応じて麻酔も行い、痛みを抑えた治療をいたします。 2:歯の色の確認 お口の中で自然に調和する修復物製作のため、もともとの歯の色や隣り合う歯の色を確認します。 3:歯の型取り(スキャン) 形成を終えた歯にしっかりと適合するよう歯の型を精密に採ります。 その後次回、完成修復物のセットの際のご予約を取っていただきます。 4:修復物を装着 歯科技工士が製作した修復物を歯科医院にてお口の中に装着します。かみ合わせや色調の確認、最終的な仕上げを行いセメントで強固に接着して完了です。 装着後数日は多少違和感があることもありますが、徐々に馴染んでいくのでご安心ください。 万一、お痛みやその他違和感等を感じるようであれば再度調整等を行いますのでその旨ご連絡ください。     ◆ www.haisha.com.au ◆ Dr Knox Kim is Invisalign’s Diamond Invisalign […]

矯正前の精密検査と治療プランが重要!

矯正前の精密検査と治療プランが重要! 日本でもオーストラリアでも歯科を受診すると、治療前には細かな検査がさまざまあります。 精密検査とカウンセリングを行うことで、あなたにとって一生ものの歯をどのように治していくのか見極めているのです。 正確な情報と確実な治療を提供するには、どの検査も必須項目。その人に最適な治療方法を選ぶためには、必要な情報をできるだけ集めることが重要です。 身体の一部である歯についても、たとえ外部から見える歯の症状が同じ患者でも、それぞれの年齢や体質、生活習慣、心身の病気などが異なれば、その歯のトラブルの原因が同じであるとは限りません。 また、歯のトラブルの場合その原因は口内に必ずあるとは限らず、一人ひとりの骨格や習癖、身体全体のバランスが影響し合って症状として現れている場合も。 同じような症状でも処方される薬の飲み合わせが異なるように、歯のトラブルや歯列矯正に対しても適切な治療は一人ひとり異なるのです。 歯科では主に以下のような精密検査を行います。   口腔内スキャン 虫歯・歯周病、歯垢、過去の歯科治療跡などの状況を確認し、治療する部位の特定に役立てます。歯科医だけでなく本人が客観的に口内がどうなっているのか、を共通理解する意味合いもあり。また、他の歯のトラブルの早期発見や治療の判断も可能です。     歯科用CT 口腔内の見える部分だけでなく、その内部にある親知らずの根の先の向きや詰め物・被せ物に隠れた部位なども、鮮明な3Dの立体画像で撮影できます。実際の処置前にさまざまな角度から観察できるため、より正確で明確な治療方針を決定できます。 歯列矯正も含め、歯科の治療計画は1つだけとは限りません。 現在の口内の状態と完了後の状態、患者さんの要望とに合わせるためにも、まずは精密検査から複数の治療方法を視野に入れて最善の治療計画を提案してくれるのが腕の良い歯科医と言えるでしょう。 歯列矯正治療は、一般歯科治療と比べて費用が高く長期間の治療になるため、患者さんと歯科医が二人三脚で進めていく治療であることから、歯科医側の経験と技術はもちろんのこと、歯科医と何でも相談できる信頼関係を築けるかどうかも重要になってきます。 しっかりとカウンセリングを進めながら、一人ひとりの立場に立ってその人だけの治療プランを提案をしてくれる歯科医を選びましょう。 ANBIデンタルクリニック@ワールドタワーで歯列矯正を受けるメリット 日本語・韓国語・英語・中国語での受診が可能 日本人スタッフが多数在籍、電話予約から歯科治療の説明まで日本語で安心 歯科医院長も日本語対応が可能、診療日は常に在籍 日本の歯科とのつながりが強く、帰国後も矯正治療プランの引継ぎが可能 提携の東京のクリニックでも保証規定が適用 1,000件以上のインビザライン症例があるインビザライン・ダイヤモンド・クリニック 「ANBIデンタルクリニック@ワールドタワー」で提供している歯科サービスはさまざまあります。 歯列矯正(インビザライン含む) クラウンとブリッジ 親知らず抜歯 歯のホワイトニング 歯根管治療 デンタル・インプラント 歯の定期検診 まずは、日本語直通の電話で同院を予約して、診断とお見積もりからスタート! その日に治療する場合、治療費のみので診断費用もかからず安心です。 他歯科で断られる難しいケースにも多数対応 インビザラインを担当するキム医院長は、最先端治療のインビザラインでの経験も豊富で、数々の賞を受賞している今でも非常に勉強熱心な歯科医。 他では断られるような難しいケースにも真摯に向き合い、さまざまな患者さまの症例に対応できるスキルがある上、堪能な日本語でやりとりすることができます。 他州にお住いの方の来院頻度を調整したり、日本にもうすぐ帰国予定の方の治療プランの引き継ぎをしたりと、患者さま個々の事情に対して幅広くフレキシブルな対応もOK。 ご予約・お問い合わせ 所在地:Suite 1104, Level 11, World Tower Commercial, 87-89 Liverpool Street, Sydney 営業時間:月〜金 9:00-18:00 土日祝休 電話:(02) […]

マウスピース矯正(インビザライン)よくある質問

インビザラインとは インビザライン日本 https://www.invisalign.co.jp/ 従来のワイヤー矯正とは全く異なる、マウスピース型の矯正装置です。 透明なマウスピースは非常に審美的で、見た目を気にすることなく矯正治療を進めることができます。 また、世界の100ヶ国以上で提供され、1,700万人を超える方がインビザラインによる治療を受けています。 ※インビザライン矯正とインビザラインGoの合計(2023年3月時点)​   マウスピース矯正はアライナーを装着して歯を少しずつ動かす仕組みの矯正方法です。1-2週間ごとにアライナーを交換することで徐々に歯並びが整っていきます。   インビザラインの特徴 清潔 目立ちにくい 診療頻度は2~3ヶ月に一度(初めのうちは月に一度くらい) 応急手当での来院が圧倒的に少ない 話しにくさは、1ヶ月程度で慣れる 「しっかり」と装着しないと治療できない インビザライン(マウスピース矯正)の治療に関して、当院に多く寄せらせるご質問をご紹介いたします。   Q.インビザラインでの治療期間は、どのぐらいかかりますか? A.現在、インビザラインで治療を受けられている方の平均期間は、1.5~2.5年ぐらいです。 歯並びの状態によって個人差がありますので、一概にどのぐらいの治療期間がかかるかお答えするのが難しいです。 一度、無料カウンセリングをお受け頂き、お口の中を拝見させていただければ、ある程度の期間は予測できます。   Q.一日どのくらいマウスピースをつけてるのですか? A.インビザラインは矯正装置です。継続して装着することにより、矯正力が働く構造になっています。 1日、20時間以上の装着が目安になります。歯磨きとお食事の時以外は、基本的には就寝時も含めて装着したままになります。   Q.自分の歯並びが、インビザラインで矯正ができるかどうか知りたいのですが、その際、相談料や検査料はかかりますか? A.カウンセリングは無料で行なっておりますので、費用のご負担はありません。 また、無理な勧誘などもございませんので、お気軽にご相談ください。   Q.現在50歳を超えていますが、インビザラインでの治療は可能ですか? A.はい、可能です。インビザラインでの矯正治療には、年齢制限(上限)がございません。 一般的に、若年者に比べると、やや時間がかかる傾向にあります。ですが、確実に歯並びは治るのでご心配なさらなくても大丈夫です。 年配の方々は、ブリッジやインプラントなど、固定されていて動かせない歯の治療を受けている方も多いので、そのような場合は、他の治療とコンビネーションで行う場合があります。 若返ったとお友達から言われた方も!       詳しくは当院まで! ◆ www.haisha.com.au ◆ Dr Knox Kim is Invisalign’s Diamond Invisalign Provider and Invisalign’s only Clinical consultant/ […]

矯正期間ってどれくらい?

歯並びが気になったり、歯医者で矯正を勧められたり”矯正治療をした方がいいのかな?”と考える人も多いでしょう。 思ったより早く終わったという人もいれば、時間がかかったという人の話もあり、気になるのは矯正期間。 矯正期間についてご紹介します。 トータル1年~3年程度 期間は歯の状態によって変わります。 歯列矯正の期間はトータル1年~3年程度が一般的です。 歯並びによっても変わってきますが、さらに歯茎に問題があったり、歯周病で治療に時間がかかったりする場合はさらに長い矯正期間が必要です。 また、矯正によって動かす歯が少ない人は数か月で完了する場合もあります。   歯列矯正のステップ   検診から矯正器具の作成、装着するまでの期間 歯を動かす期間(矯正器具の装着期間) 歯を固定する期間(保定器具の装着期間)   検診から矯正器具の作成、装着するまでの期間 検診~装着までの期間はそれほどかかりません。カウンセリング、精密検査をして、治療プランを作成   矯正器具を装着します。装着までの期間は約1か月~2か月程度です。   歯を動かす期間(矯正器具の装着期間) 歯を動かす期間は、矯正器具を装着して、歯を目的の位置まで動かしていく期間です。 あまり動かす必要がない場合は1年以内に終わる場合もありますが、一般的に1年~3年かかります。 歯を固定する期間(保定器具の装着期間) 歯を固定する期間は保定期間とも呼びます。 目的の位置まで歯を動かした後、矯正器具を外し、保定装置(リテーナー)を装着する期間です。 どのようなタイプのリテーナーを使用するかは、歯並びの状態で変わります。 きちんと使用しないと元の歯列に戻ってしまう恐れもあるため、保定期間といっても気は抜けません。 保定期間もきちんとケアをすることで、矯正後の後戻りが起きにくくなります。   治療を早く終わらせるためには 歯が動きやすかったり、歯列の乱れが少なかったりする以外に、歯医者の技術力によっても時間が変わります。   歯並びが気になり、早く矯正期間を終えたい方はDrKimご相談下さい! ◆ www.haisha.com.au ◆ Dr Knox Kim is Invisalign’s Diamond Invisalign Provider and Invisalign’s only Clinical consultant/ Speaker among General dentists in Australia Top […]

ANBIデンタルクリニック@ワールドタワーには日本語堪能な歯科医在籍!

https://www.jams.tv/dentalclinic ANBIデンタルクリニック@ワールドタワー(旧 青山デンタルクリニック)は、2003年にシドニー・シティの中心地(ワールドスクエア)に開院して以来、キム院長を筆頭に「今日に明日の歯科治療を提供する(Tomorrow’s Dentistry Today)」をモットーに掲げ、シドニーで20年以上治療を続けています。 一般歯科はもちろんのこと、審美治療や特殊歯科治療のレベルも高く、中でも次世代の矯正方法と言われる「インビザライン」は世界でもトップクラスの医師が治療をすることで人気を博しています。 最適で完璧なオーラルケアを目指し、最先端でハイテクな歯科治療機具をいち早く導入。最新のテクノロジーと確かな技術を用いて、今まで難しいとされていた症例の治療も実現しています。 当院に院長、キム先生も日本語が話せますが、女性医師ジョイス先生も日本語での診療で、日本人の患者さまにかなり喜ばれています! ジョイス先生、東京に留学していたこともあり、日本語の発音は自然です。 人柄もマイルドでソフトな感じの良い先生です。 キム先生の右腕として、矯正治療のコンサルテーションからアフターケアまで多忙なキム先生に代わり、幅広い一般歯科治療とさらに審美歯科を担当しています。 通常、出勤日は金曜日。ジョイス先生が目指す「可能な限り痛みのない治療」やその細やかな対応を求めて、多くの患者さんが来院しています。すべての患者に満足のいく笑顔を届けることを目標としています。 ぜひジョイス歯科医の診療にいらしてください!!          日本人ナースと受付もサポートしたします。   「ANBIデンタルクリニック@ワールドタワー」へのご予約・お問い合わせ 「ANBIデンタルクリニック@ワールドタワー」の診察室   提携歯科医院、日本・新宿にある「ANBI新宿歯科・矯正歯科」   (写真左から)キム先生、日豪で矯正治療を完了した患者さん、安先生 日豪両クリニック共に、できるだけ削らず、かみ合わせのバランスを整えながら、美しい口元で素敵な笑顔になれるようサポートを提供し、日本の『ANBI新宿歯科・矯正歯科』では虫歯・歯周病・入れ歯などの保険診療にも対応しているので、インビザライン矯正治療からインプラント治療、その他の一般歯科まで気軽にご相談ください。   ◆ www.haisha.com.au ◆ Dr Knox Kim is Invisalign’s Diamond Invisalign Provider and Invisalign’s only Clinical consultant/ Speaker among General dentists in Australia Top 6th in the world in Invisalign International […]

1年半の歯科矯正、どこまで変わる? 

インビザラインと他の歯列矯正の違いって? 歯列矯正にはさまざまな種類があり、よく聞く治療法は金属のワイヤーを使って歯を引っ張っていくタイプの矯正。 一番知られている矯正方法ではありますが、実は以下のようなデメリットがあるんです……。 見た目が悪い 一度つけたら外せない 歯に痛みがでることがある 食べ物が詰まりやすい ワイヤーこびりついた食べかすの掃除が大変 これらのデメリットを改善できる矯正方法がインビザライン。 インビザラインは、取り外しができる透明のマウスピース型矯正器具を使って矯正していきます。 マウスピースを長期間装着することで、少しずつ歯を正しい位置へ動かし矯正します。 インビザラインを使った歯列矯正は、矯正器具が目立ちにくい、取り外しができる、掃除ができて清潔に保てる、比較的痛みが少ないという、いい所尽くしの矯正方法   どこまで変わる? 1年半の治療を終えた患者さんの治療前後の写真 正面からの顔の写真 歯並びがよくなったことで、自然な笑顔が作れていることが一目瞭然! 施術後の写真は口角が上がっていて、フェイスラインもスッキリとした印象です。 この笑顔の写真からも、以前と比べると自信がついたことが分かりますよね! 下顎歯列の写真 矯正前は、前歯の隣の歯が中に入り込んでいるのに対し、矯正後は歯が正しい位置に動いているため、歯並びが綺麗に揃っています。 たったの1年半で、これだけ変化! 正面から見た歯の写真 正面から見ると、矯正前は上顎の歯が特に重なり合っていることがわかります。矯正後の上顎歯列は自然なアーチ状に整っています。   抜歯なしで治療できる? 多くの患者さんの悩み、抜歯なしで矯正が出来るかキム先生が答えてくれました。 歯列矯正をしたい患者さんで抜歯なしを希望する方は多いですね。 患者さんの症例によりますが、当院では9割の患者さんが抜歯なしの治療ができています。 インビザラインは歯を一本一本後ろに移動させることによって、口の奥にスペースを作るので「顎を横に広げる矯正は顔が大きくなる」と思われる方もいらっしゃいますが、逆に顔が小さくなる場合もあります。 インビザラインの治療で歯を削るケースがありますが、これはIPRという処置で、歯の外側のエナメル質を削って歯と歯の間にスペースを作るためです。 IPRをして虫歯になりやすくなるということはありません。 また出っ歯を治すためにワイヤー矯正をすると、歯並びはまっすぐになってもさらに出っ歯になってしまった…というケースもあります。 インビザラインでは、初めに治療シミュレーションのプログラムを利用して歯のスペース作りを確認するので、前歯の位置を守る治療ができます。 当院でインビザラインをする患者さんは40代から50代の方も多いので、成人矯正で気をつけなければいけない歯根や歯槽骨の状態もきちんと確認します。 インビザラインはどこでやっても同じ結果になるということはないので、経験豊富な歯科医を選ぶことが重要です。 ※歯の状態に合わせ、適切に処置するため治療前にしっかりとシミュレーションを実施 ※ワイヤー矯正の失敗例 矯正前(写真左)よりさらに口元の出っ張りが突出している(右) キム先生がインビザラインで重視している点 患者さんのそれぞれの症例やライフスタイルに合わせて治療を行うために、治療前のコンサルティングとプランニングが非常に重要となります。 歯の健康状態を詳細に検診し、コンサルテーションを行い、患者さんに合った治療プランを立てることを重視しています。 また、治療後に患者さんに治療経過を説明するために、治療前、治療中、治療後の口腔内の写真を撮っています。 写真で確認してもらうと治療前とどのくらい変化したのかがわかってもらえますので。 治療中に使うアライナーの装着時間は1日最低20時間を推奨していて、食べる時以外は装着している状態です。 ただ、インビザラインの完成度を上げるためには食事の間も装着したままがいい、という専門家の意見もあり、出来るだけ長い時間装着した方がいいですね。 アライナーは睡眠中の歯ぎしり防止のマウスピースとしても効果もありますし、スポーツ中も装着したままで大丈夫。 実例としてプロ野球選手の方は、インビザラインをしてから成績が良くなったそうですよ!   ◆ www.haisha.com.au ◆ Dr Knox Kim is Invisalign’s Diamond […]

日本語で受診可能な歯医者

日本語対応の受付・歯科助手がお客様を徹底サポート   ANBIデンタルクリニック@ワールドタワー(旧 青山デンタルクリニック)は、2003年にシドニー・シティの中心地(ワールドスクエア)に開院して以来、キム院長を筆頭に「今日に明日の歯科治療を提供する(Tomorrow’s Dentistry Today)」をモットーに掲げ、シドニーで20年以上治療を続けています。 一般歯科はもちろんのこと、審美治療や特殊歯科治療のレベルも高く、中でも次世代の矯正方法と言われる「インビザライン」は世界でもトップクラスの医師が治療をすることで人気を博しています。 最適で完璧なオーラルケアを目指し、最先端でハイテクな歯科治療機具をいち早く導入。   最新のテクノロジーと確かな技術を用いて、今まで難しいとされていた症例の治療も実現しています。 ―患者様の歯の健康、素敵な笑顔のために、私たちは小さな問題にも注意深く対応していきます。   ANBIデンタルクリニック@ワールドタワーが20年以上も支持され続ける理由 キム院長の紹介 2003年にシドニー・シティの中心地(ワールドスクエア)に開業して以来、最先端マイクロスコープを使用し、精密かつ最高級の治療や、美顔に導くための歯科矯正など長年熱心に取り組んでいます。一般歯科治療の他にも多くの歯科関連資格を保持し、幅広い分野で活躍。 インビザラインのアワード(Global Invisalign Peer Review)で世界6位に輝いた、正真正銘の世界トップ歯科医。その他さまざまな賞の受賞や、年間100件、累計500件を超えるインビザラインの治療業績が称えられ、臨床アドバイザーとして日本、中国、韓国、台湾、ニュージーランドなどで国際カンファレンスにも出席しています。 国際カンファレンスやセミナーでは定期的に日本を訪れており、日本語も堪能。日本を含む複数の歯科学会のメンバーでもあります。 経歴 シドニー大学(インプラントトレーニング・ワークショップコース/レベル1&2口腔外科コース/レベル1&2矯正治療コース)卒業 審美矯正歯科過程 加盟している学会一覧 A Justice of the Peace/オーストラリア歯科学会/アメリカ審美歯科学会/オーストラリア・アジア歯科協会/医療法人スワン会/JP協会/オーストラリア補綴歯科学会/シドニー大学臨床講師   女性歯科医師紹介(日本語対応) 女性の歯科医師のジョイス先生 北京語、日本語、英語に堪能であり、彼女のすべての患者に最も満足のいく笑顔をもたらすことを目指しています。 日本との強いコネクションで、帰国後の治療継続もサポート   日本帰国後も歯科治療の引き継ぎができる提携クリニックANBI歯科 当院は、東京にある「ANBI矯正歯科」と提携しています。 キム院長はANBI矯正歯科の副院長。 「ANBI矯正歯科」は当院同様、デジタルシミュレーションを駆使した先進治療で歯科矯正の治療過程でもデジタル分析を行い、一人一人に合わせた精密な歯科矯正治療を提供しています。 一般歯科とも連携し、幅広い歯科矯正治療に対応可能。 当院から、歯科矯正治療がスムーズに続けられるよう「ANBI矯正歯科」に連絡し、今後の相談や治療経過などを含め、しっかり引き継ぎをします。 日本で医療費控除を受ける場合、歯科矯正の治療目的が審美面だけではなく、噛み合わせなどの機能面の改善も含むということを証明する書面が必要となります。見た目の美化のためのみの場合、医療費控除の対象になりません。 オーストラリアで歯科矯正治療を安価にスタートし、その治療期間が日本帰国後にもまたぐ場合は便利!   新宿のANBI矯正歯科で、院長の安医師とシドニーから帰国された患者様と一緒に!   医院情報 電話予約からカウンセリング、実際の治療と治療後の説明まですべて日本語対応しているので、安心して通院していただけます。 ご予約やお問い合わせは、日本語専用ラインの(02) 9269 0517まで。 名称 ANBIデンタルクリニック@ワールドタワー 住所 Suite […]

歯科矯正の費用はいくら?

インビザラインとは? 透明のマウスピース型矯正装置を使った治療法です。一般的なワイヤー矯正よりも通院回数が少なく、痛みや違和感も比較的少ないのが特徴です。 インビザラインの透明なアライナーは、柔らかく柔軟性のあるプラスチックでできており、歯に装着してもほとんど目立ちません。 マウスピースを1日20時間以上装着することで歯を少しずつ動かしていきますが、歯磨きや食事の際には取り外しができます。   インビザラインジャパンビデオ引用 オーストラリアでのインビザライン治療費は? 歯医者の治療費が日本より高いと言われてているオーストラリア。 歯科矯正の費用は驚くほど高いかというと実はそうでもありません。 目安として、シドニーでのインビザライン治療の費用はA$6500からA$12000の間です。 すべての症例が異なるので、すべての患者さんに一律の価格設定を適用することは難しいでしょう。 症例の複雑さや治療期間など、治療費に影響する大まかな変数はたくさんあります。 デンタルクリニック@ワールドタワーでは症例に合わせて5つのコースがあり、$3995からとなっております。 必要なアライナーの数(矯正に使用する透明なマウスピース)が多ければ多いほど、予想される費用は高くなります。 治療計画に定められたアライナーの全シリーズが完成するまで、歯科医はおよそ1週間ごとにアライナーを新しいものに交換します。 アライナーはそれぞれ異なる形状をしており、矯正の異なる段階において、患者様の歯の位置に合わせて、様々な微小な力を加えながら、徐々に歯を望ましい位置に移動させていきます。 必要なアライナーの数は、患者様の歯並びのタイプや程度によって異なります。 軽度の叢生や噛み合わせの悪化を伴う重度のものなど、歯並びの問題の性質によって、適切な歯並びを実現するまでにどの程度の歯の移動が必要かが決まります。 より広範囲に歯を移動させる場合は、より長い時間と費用がかかります。 コースについて 治療プランを作成すると、どのインビザラインコースが最適か分かるようになっております。 以下は、コースと料金の一例。精密検査にて歯の状態を確認した上で最適なコースを決定する必要があるため、お好みのコースを選べるわけではありませんので、あらかじめご了承ください。   【インビザライン歯列矯正の料金】(2024年4月現在) ①エクスプレスコース 3,995ドル ②ライトコース 5,995ドル ③モデレートコース 7,995ドル ④アドバンスコース 9,995ドル ⑤アルティメイトコース 10,995ドル ※料金は、予告なしに変更される可能性があります。 ※キム医院長による治療プラン作成、歯科検診とクリーニング、レントゲン検査、専用マウスピース製造費、治療工程の治療費を含む (抜歯や虫歯治療、リテイナーの作成費は別料金)     「Anbiデンタルクリニック@ワールドタワー」から日本の歯医者さんを紹介してもらえる? 当クリニックでインビザラインの治療を始めると、キム医院長から日本の提携歯科の担当医へそのまま治療プランを引き継ぎ、継続治療をお願いできるため、時間と費用のロスなく安心して治療を受けていただけます。   日本帰国を検討している方は、コンサルテーションの際にお知らせください。   インビザライン社のシステム上、通常は国をまたいで患者さまのデータを移行する場合に多大な費用がかかってしまうため、当クリニックでは海外の提携歯科と連携して日本への引き継ぎを行います。当クリニックでの治療は終了ではなく、キム医院長が最後まで遠隔によって対応する形になりますので、インビザラインのコース料金全額は当クリニックへお支払いいただきます。   日本の提携歯科での受診の際には、別途治療費が発生します。 これは例えば、日本でインビザラインのアタッチメント(歯に付着させる小さい突起)を付け替える必要が出た場合、その治療費は日本の提携歯科にお支払いしていただくというものです。 日本への帰国時に残金の未払い分がある場合、当クリニックへ全額を一括払いしていただくか、クレジットカード決済または海外送金を随時していただく選択肢もあります。 また、治療中の専用マウスピースのセットは、当クリニックから日本へ送らせていただきます。   東京新宿の提携歯科医院 シドニーの「ANBIデンタルクリニック@ワールドタワー」は、東京にある「ANBI矯正歯科」と提携しています。 「ANBI矯正歯科」は「ANBIデンタルクリニック@ワールドタワー」と同じく、デジタルシミュレーションを駆使した先進治療で歯科矯正の治療過程でもデジタル分析を行い、一人一人に合わせた精密な歯科矯正治療を提供しています。一般歯科とも連携し、幅広い歯科矯正治療に対応可能。 「ANBIデンタルクリニック@ワールドタワー」から、歯科矯正治療がスムーズに続けられるよう「ANBI矯正歯科」に連絡し、今後の相談や治療経過などを含め、しっかり引き継ぎをしてもらえます。 【東京の提携クリニック】ANBI矯正歯科 所在地:東京都新宿区新宿6-29-11 新宿イーストクロスタワー5F 詳細はこちら 「ANBIデンタルクリニック@ワールドタワー」へのご予約・お問い合わせ […]

Root canal treatment 歯の根の治療(根管治療)って何?

歯の根の治療(根管治療)とは、簡単に言うと歯の根の中の神経が通っている管(根管)の中をきれいにする治療です。 大きな虫歯などが原因で根管に虫歯菌が入り込んでしまった場合、噛んだ時に歯が痛い・何もしなくてもズキズキするような痛みが生じる・虫歯になった歯の周りの歯茎が腫れる、等の問題が生じます。 それらの問題を解決するためには、根管に入り込んだ虫歯菌を取り除くために根管治療を行う必要があります。   根管治療が必要な状態 根管治療は、症状が進行したり、炎症が発生したりしている場合に行われます。 虫歯を放置してしまい、神経が死んでしまっている場合は根管が汚れており、根管治療が必要になることが多いといえます。   どんな時に根管治療が必要なの? 目安としては、夜中に歯が痛くて目が覚めたり、その歯で咬むと痛くて咬めない様な症状がある場合です。 手や指の皮膚表面の様な通常の組織の場合には、細菌感染を起こしても抗生物質を飲んでおけば治るものです。 しかし歯髄の場合、根の先にある直径0.1~0.3ミリ程度の根尖孔という小さい孔からの血管のみで循環がおこなわれています。 よって少しの感染によっても歯髄が壊死して(神経が死んで)しまい、抗生物質による除菌は無効なのです。 よって、この部分は体の中ではとても変わった部分とご理解いただければ良いと思います。 また、一度根管治療を行ったにもかかわらず、根管の中の空洞等の存在によって、根の先に膿が溜まったりして痛みが出た場合に、再度の根管治療を行わなければならないケースもあります。しかし、何十年も前に根管治療を受けており、その後何ともなかった歯が痛み出した場合の多くは、根管治療の不備と言うより、歯根(歯の根)が折れた可能性が高いことがあります。 また、根管治療の不備により、根の先に歯根嚢胞(しこんのうほう)と言う骨が無くなってしまう様な場合もあり、嚢胞の大きさによっては何らかの処置が必要になる場合もあります。     歯の根管治療が必要だと言われました。3カ月後に一時帰国をする予定ですが、それまで放置しておいても大丈夫ですか? 詰め物を繰り返したり、虫歯を放っておくことで歯の神経は死んでしまいます。 歯が死んでしまうと、痛みや腫れに関係なく、歯の中に膿が溜まり始めます。 神経の中に有害物質が増え始め、体はそれに反応して多くの白血球を歯根の先に送り、徐々に有害物質は死んでしまった歯周辺の骨より漏れ始めるのです。 膿は強い酸性であり、放置しておくことで、歯周辺の骨までを溶かしてしまう恐れがあります。 歯が死にかけたら、どのような治療を受けるべきか? 神経が死にかけている歯を放置して1~2カ月も経ってしまうと、レントゲンで歯根の先に黒い影のようなものが映ります。 これは歯根の先に膿が溜まり、骨が溶けてしまっている証拠なのです。 黒い影が大きくなるにつれて、治療の成功率が低くなってしまいますので、根管治療は進行が進んでしまう前の、黒い影がレントゲンに写らない早い段階に受けるべきです。 根菅治療をしても治らない場合、抜歯しなければいけなくなります。 抜歯をすると、抜歯をした歯の替わりに人工的に作られたチタン製の歯の根をあごの骨に埋め込むインプラント治療法や、抜歯した歯の両隣の歯を土台に人工歯をはめるブリッジ治療が必要になってしまいます。 早期に治療を受けることで抜歯をしなくてはいけないリスクを下げることができます。 放置せず、早めにご相談ください   ◆ www.haisha.com.au ◆ Dr Knox Kim is Invisalign’s Diamond Invisalign Provider and Invisalign’s only Clinical consultant/ Speaker among General dentists in Australia Top 6th in […]

歯医者が苦手な方へ痛みに配慮した治療

「歯科治療は怖い」「痛いから嫌い!」   歯の治療を受けるときに必ず心配することが、歯を削る時の痛み。 痛みが不安で治療に行かれないという方もいらっしゃるでしょう。 治療中に痛みを与えないコツは、麻酔を充分に効かせてから治療することです。 しかし 麻酔が効きにくいから治療したくない 「痛い!」と言ったのにそのまま治療を続けられたことがある 以前行った治療前の麻酔でトラウマとなり、歯医者が苦手な方 麻酔に対して不安を持たれる方も多くいらっしゃます。 当院では、「麻酔」にこだわった、痛みに配慮した治療を行っています。   【「ワンド(WAND)」を使った痛みの少ない麻酔とは?】 コンピュータ麻酔(ワンド)を用いた特定の部位への注入法(サイト・スペシフィック)により、従来の方法より効果的で周囲組織のしびれの少ない麻酔を可能にしました。 効果発現も早いので、患者さまの痛みや恐怖感を和らげ、スムーズな治療を可能にしております。 麻酔注入時の疼痛の主要因は、麻酔剤が急激に注入されることにあります。   注入速度が一定に保たれず、麻酔剤が急速に注入されると「焼けるような痛み」が出てしまいます。 その逆に、一定の速度を保ち、少しずつゆっくりと注入した場合には、痛みが引き起こされないといわれております。   ワンドは、コンピュータ制御によって流量を自動的にコントロール。 この独自のシステムにより、注入自体が痛みを感じる値より低くなるので、患者さまへの負担は最小限に抑えられます。 米国歯科医師会でも承認済みの医療機器です。   当院では治療をする際、患者さまへの負担を最小限に抑えるための様々な工夫をしています! また日本語で診察対応致します。 なにかありましたらご相談ください。 ANBIデンタルクリニック@ワールドタワー 所在地:Suite 1104, Level 11, World Tower Commercial, 87-89 Liverpool Street, Sydney 営業時間:月〜金 9:00-18:00 土日祝休 電話:(02) 9269-0517(日本語対応)/ (02) 9269-0514​ Email:admin@bestdentist.com.au(日本語対応) ウェブ: www.haisha.com.au ◆ www.haisha.com.au ◆ Dr Knox Kim is Invisalign’s Diamond Invisalign Provider […]